読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクのダイアリー

あ、どうも僕です。自分の書きたいことを書いてます。

生きてるってなんだろ?

どうもねるとんです、最近「人生」についてたまに考えたりしています。

「人生ってなんなんだろうな?」と。

昔「笑う犬の冒険」というフジテレビのコント番組がありました。もう10年以上も前ですが

そこで堀内健がテリー、原田泰造がドリーという人物に扮しコントをしてるのですが

その時の彼らの台詞「生きてるってなんだろ?」「生きてるってなぁーに?」が最近頭をよぎるんです、実際こう聞かれたら僕は多分答えることが出来ないと思います。

難しい問いかけですよね、生きてるってなんなんですかね

ちなみに笑う犬の冒険だと内村光良扮する「ミル姉」も今でも印象に残ってます

 

個人的には人間生まれたら各々何かしらの想いを持って目標に向かって生きるべきなのかなぁーとは思いますが、大人になるにつれこれがなかなか難しくなるのか現実的になるのかで思うような人生を過ごしている人はなかなか少ない。

お金がないとなかなか生きていけないわけで、そのために仕事なりするわけですが

この仕事に人生の結構な割合を割かざるをえない人が沢山います、僕もです

 

思えば小さい頃はホント楽しそうに毎日過ごしてました。

 

お金はわずかばかりのお小遣いしかないですが25歳になった今とは違い特に習い事なりしてたわけでもないので時間に余裕はありました。

 

友達とみんなで山に探検しにいったりちょっと隣町まで自転車に乗って出かけたり64のスマブラをみんなでやったりやりたいことをやって過ごしてたなぁ

 

とはいえ歳を取り成人と言われる歳にもなれば多くの人は独り立ちすると思います。

そのためにはまずやっぱりお金を稼がないといけないですよね、それまでは親が面倒を見てくれましたがそういうわけにもいかないですし

 

このお金を稼ぐっていう行為に対して仕事と割り切って休みなりで自分のやりたいことをやる人もいれば

「どうせなら自分のやりたい仕事をやって生たい」と思って自分のやりたいことを生業にしてる人もいます

 

何が正しいのかは個人個人考え方の違いがあるからなんとも言えないですがどうせなら

頑張ってみるっていう事が生きてく上で大事なんじゃないかなぁと思います。

 

人生楽しんでるなぁ~って人を見てると多くが努力してる人が多い

 

「やっぱ成功体験があるのは大きいよ」と学生時代先輩が言ってましたがこれを経験しているか否かはかなり差があるんじゃないかと

 

何かしら目標があって、それを成し遂げるために努力してその目標を達成する

そしたらすごく嬉しいだろうし努力という行為がきっと好きになって、その行為に対してポジティブに捉えることが出来ると思います。

 

努力すればすべてが叶うとは思いませんが、努力するということに対して

「めんどくさいなぁ」とか「それで失敗したらどうしようかなぁ」とか思うかもしれませんがそれでも

その行為、まず行動するっていうことがとてつもない大きな一歩じゃないかと最近思ったりしてます。ちゃんと考えながらってのが前提の上ですが

 

わりと人間楽な方に行きたがるものだと思いますが、ちょっと頑張ってみると世界が広がるんじゃないかなと最近思いました、そしてその差が大きな違いになるんじゃないかと

 

ではまた